剣道の防具を長く使用するためのポイント【セルフケアの方法】

防具は汚れやすい

剣道の防具の汚れや臭いのもともとの原因は汗です。稽古で防具に染みついた汗を餌に細菌が繁殖し、臭い物質を発生させてしまいます。

補強飾りの部分は鹿革と人口革どちらがベスト?

鹿革の特徴

鹿革の補強飾りはきめ細かく藍染なので、高級感があり見栄えが良いのが特徴で、大人の剣士や審査用防具に適しています。しかし、汗による傷みや臭いが激しくなりやすいので、こまめな手入れが大切です。

人口革の特徴

人工革の補強飾りは汗と摩擦に強く、補強機能に優れています。しかし、化学染料で染めているので、長期間使用すると色あせがあります。そのため、普段の練習用として使うのがおすすめでしょう。

剣道の防具を長く使用するためのポイント【セルフケアの方法】

防具

防具のお手入れ方法

剣道の防具のお手入れで大切なことは汗や汚れを適切に取り除くことです。稽古直後に固く絞ったタオル等で汗を拭き取り、風通しの良い日陰で乾燥させましょう。湿度の高い梅雨の時期は扇風機等を使うと効果的です。熱風は防具を傷めるので、ドライヤーの使用は控えましょう。

防具にカビが生えてしまったら

カビは湿度の高い場所ほど繁殖しやすいです。まずは防具を玄関や廊下等の通気性の良い場所に置きましょう。その際、周囲のものにカビが付着しないように気をつけてください。乾いた布でカビを拭き取り、陰干しで乾燥させるとある程度改善出来ます。なかなか取れないときはクリーニングを利用するのも良いでしょう。

専用の洗浄剤を使おう

市販の洗剤では、臭いや汚れが残ってしまうこともあります。その場合は専用の洗浄剤を使うと改善できるかもしれません。大きい容器に水と洗剤を入れて混ぜ、防具を漬け置きすると臭いを取ることが可能です。また、専用の消臭スプレーを稽古後に使用すると臭い防止につながります。

こまめなお手入れが大切

剣道の防具のお手入れの基本は、汗を取り除くことと乾燥した場所に保管することです。丁寧にお手入れすれば、長期間使用することも可能です。

広告募集中